ビースターズ(BEASTARS)ネタバレ157話(最新話)!考察や感想も!【暗転もせず現れしアドラー】

ビースターズ(BEASTARS)の最新話157話は2019年12月12日の週刊少年チャンピオン2020年2・3号に連載されております!

ここでは、ビースターズ(BEASTARS)の最新話である157話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→ビースターズ(BEASTARS)ネタバレ156話!考察や感想も!【時限爆弾は眠りをすすってたのに】

→ビースターズ(BEASTARS)ネタバレ155話!考察や感想も!【心に永遠の卵黄を】

スポンサーリンク

ビースターズ(BEASTARS)話のネタバレ

2人の関係

『死は平等だ…死神こそが共存共栄の象徴といえよう』

『正義など存在しないこの浮世では このアドラーだけが世界を救えるのだ…!!』

これは演劇部でルイが主演をしたアドラーのセリフーーー…昨日の夜アドラーを演じている夢をみ、父との食事でそのことを話題にあげるルイ。

ルイが夢の話をするのなんて珍しい、一度も舞台に観にいけなかったことをルイ父は残念そうにする。

この際初めて見るルイの晴れ姿は結婚式であってほしい…そんなことをいう父に。ルイは気が早い、と返事をするとーーー…

「女が嫌いなのか」

唐突に父は女が嫌いなのか、もしくは雌鹿がか…とこれが由々しき事態である、と切り出した。

蘇るアズキ(婚約者)との悪夢の夜ーーー…ルイは父親にこのような話題を振られて少々気まずそうに、この話をやめようとする…が、現社長と跡取りの会話だとやめさせてはくれない。

ルイを裏市で700万で買った瞬間から2人の間でビジネスの話は必要不可欠…そもそも本当の親子ではないのだから何も恥じることはない、と父がいうとルイは『本当の親子じゃない』というところに反応する。

真顔の父ーーーー…しかし内心は『言葉選びを間違えた』と焦るのだった。

変わってしまったキミ

父は少し考えた後、執事のユタからルイが最近やたらと携帯を気にしていると聞いたから…と自分の考えをユタから…と差し替えて話す。

ルイが携帯を気にしているのは、シシ組と突然連絡が取れなくなったからだ。

『ネコ科は自分の死を予感することだって出来る その時になったら突然姿を消して身辺整理をするんだ』

そういうシシ組の組員の言葉を知っていたから、ルイは何か嫌な予感を感じ取っていた。

ルイは父親に、今自分は婚約者よりも大切な交流をもつ仲間がいると伝える。

続けて父親にしてみたら、子供を作れない体だからわざわざ養子をとったのに、あまりにも見込み違いでしょうけど…と話すも、父の険しい顔を見て『馬鹿…言いすぎた』と言葉を止めるのだった。

「変わってしまったな ルイ」

ルイは右足を失ってから変わった、と父は感じていた。

裏市で刻まれたあの商品番号を踏みつけながら、地位を得ようと決めていたルイーーー…あの右足がなくなり肉食獣への対抗心まで失ってしまった…と父は残念そう。

「一体誰なんだ お前の右足を食った奴は…お前を半端者にしたそいつはどこで何をしている?」

ルイはそれについて何も答えることはできなかったーーーー…。

死神・アドラー

ルイの足を食った奴ーーー…レゴシはチェリートン学園の校舎の屋上でのんびりジュースを吸っていた。

ようやく毛の色が戻ってきて、これ以上はこの場にいれない…と人目がつく前に出て行こうとするーーー…すると校舎内であることが気になるのだったーーー…。

「おっ!!演劇部のお通りだぜ 未だに共存共栄とか言ってる不気味な奴ら」

そうやって演劇部員を煽るのは、草食獣たちがやっているバスケ部だ。

ビルは対抗して、部活くらいは種族混合でやるし、日に日に治安が悪くなっていくチェリートン学園の放課後は草食部員が心配だし護衛にもなる…と言い返した。

部員のことは俺らで守る…という演劇部肉食獣に、バスケ部は稽古中どさくさで食おうとしてるんじゃないのか〜〜と煽り続ける。

演劇部が強豪だったのはアドラー演じるルイがいたから…もうあの死神は消えたし、演劇部もさっさと廃部になれ…そしてその広いロッカールームをバスケ部によこせ…バスケ部が言っているとーーー…

「…死は平等でぃ…死神ごぞが共存共栄の象徴といえよう」

そういってアドラーの仮面をかぶったオスが、バスケ部からボールをとりあげたち憚る。

「このアドラーだけが 世界を救えるのだ!!」

これにバスケ部員たちは一気に青ざめ「死神だ!!本物だー!!」と逃げていくーーー…しかしセリフ噛みまくっているので、アドラーの後ろにいたビルは思うのだった。

アドラーの姿をしたオスはレゴシ…自分は正式な部員じゃないから出しゃばるのもどうかと思ったけど、レゴシは飛び出したのだ。

「ルイが現れたのかと思った…」

そう言ったのはエルスーーー…チェリートン学園も外の街も今、日に日に怖くなっていく…そんな中、ビースターになったルイが助けに来てくれたのかも…とエルスは涙を流し、レゴシにもたれかかるのだったーーー…。

¥100,000,000

ルイは裏市へいくーーー…するとそこはまるで、5歳の頃自分が売り出されてた当時の裏市のようだった。

栄えてて活気があって、気持ちが悪いほどきらびやか。

しかし今の自分にはふさわしい舞台だーーー…とルイは臆することなく突き進む。

「うわっ誰が声かけるんだよ あんなの」

ルイの後ろ姿をみたある1匹の肉食獣は声に出す。

ルイは自分の後ろに『¥100,000,000』と書かれた札をさげて、右足を見せびらかすように歩く。

「ま…俺が考えうる中ではこれが 一番安全な裏市の歩き方だ」

自分は半端者ではない…むしろ今では大幅値上げをしています…と心の中で父に呟くのだったーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

ビースターズ(BEASTARS)話の感想・考察

ビースターズの最新話いかがでしたでしょうか(゚ω゚)!

今回はルイとその父の会話からスタートです。

いやぁ…やっぱりルイ父よくないですか??
できる社長で、キリっとしてるのに…なんだかんだ息子大好きなんですよね。

表情も変えないからルイには伝わりませんが、読者にはモロバレです。
可愛い( ´∀`)笑

そしてルイ…たしかにそれは言い過ぎだ(⌒-⌒; )
息子からのその言葉はつらい…けど、この言葉によって2人の関係が変わることはないんでしょうけどね。

2人は血は繋がってませんが、なかなかいい親子だと思うんです。
ただもう少し…心が繋がればいいですよね…。

そしてエルスの痛い言葉ーーー…。
みんな救世主を待ってるんですね…(ノД`)

それくらいに生きづらい世の中…苦しんでいます。

それを変えてくれるのはきっとレゴシとルイ…だと思ってます。
その過程が今はどうなるか楽しみなのですが、まだまだ先は長そうです。

さてルイは思わぬ姿で裏市に潜入です!!
シシ組のことが心配なのでしょうが…ルイの肝は座ってるなぁ 笑

シシ組はどうなってるのか…とても気になるところです。
メロン何してくれてるんだろ…。

次回楽しみに待ちましょう♪( ´θ`)

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年チャンピオンの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年チャンピオンの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年チャンピオンネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、ビースターズ(BEASTARS)話を含めた週刊少年チャンピオン2020年2・3号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
何かと話題のTIKTOKが気になる
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください