ビースターズ(BEASTARS)ネタバレ146話(最新話)!考察や感想も!【俺の砂漠にエルニーニョ現象起きた】

ビースターズ(BEASTARS)の最新話146話は2019年9月26日の週刊少年チャンピオン2019年43号に連載されております!

ここでは、ビースターズ(BEASTARS)の最新話である☆☆☆話「俺の砂漠にエルニーニョ現象起きた」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもビースターズ(BEASTARS)146話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ビースターズ(BEASTARS)146話「俺の砂漠にエルニーニョ現象起きた」のネタバレ

メロンの願望

メロンの生まれ持った、牙が生え目尻がつった悪党ヅラーーーー…目を閉じて、口元を隠してしまえば…たちまち高学歴で好青年なガゼルに早変わりするのだった。

メロンは大学の食堂で食事を取りながら考え事をしていた。

“味覚”を求めて、メロンは数えきれないほどの悪事に手を染めてきたし、色々な仕事を転々としてきた。

象牙の密売…骨肉麻薬の製造…シシ組のボスーーーー…こういう環境で一体何匹の獣を食ってみては吐き出したことか…メロンは覚えてはいない。

しかし食べてはみたが、結局メロンにはどれも砂の味。

それは食堂で出されるしなびたトマトと何ら変わらぬ砂の味なのだった。

メロンがいい大学を出たのも、殺しを繰り返すのも…目的は1つ、一度でいいから“美味しい”と感じたいからなのだった。

羨ましい

今回満を持して、非常勤講師として大学に潜入成功…というのも、メロンは大学という場所はずっと狙っていたのだ。

もう子どもではないが、まだ大人にもなりきれていない肉食獣と草食獣が接するとき何が起こるのかーーー……

それは旨そうな箇所…首・肩・腕にどうしても目線がいく肉食獣と、それに気づかない草食獣である。

メロンは、食肉はまるで…男女の恋愛模様だと考えていた。

肉食獣が草食獣と話しているとき、どうしても先程いった箇所を見がちーーー…草食獣との別れ際で肉食獣はホッと息をつき、裏市などで肉の味を知り始めている自分を落ち着かせよう…なんてしている肉食獣がメロンはいじらしく羨ましいのだった…。

軽い命

肉食獣の必死の葛藤の末に食った肉…さぞかし旨いんだろうな…それを自分もあやかりたい…そんなことをメロンが考えていると、

「先生 全然 食べてないですね 食欲ないんですか?」

そう言って話しかけてきたのはハルだった。

ハルは自己紹介をし、さっき受けた歴史学の講義が面白かったと先生の前の席に座るのだった。

小ぶりで真っ白なドワーフウサギのハルーーーー…柔順そうな幼い顔立ちに、やせすぎず いい塩梅に脂肪のついた若いメス。

メロンはハルを見ながら、自分は肉食獣の味覚こそないから食べたい…と思わないが、こんなの大学でフラフラしてたら、卒業前に食われるんじゃないか…と考えていた。

そんな時ハルにオオヤマネコの同級生が話しかけてき、2人は話す。

メロンはその様子を見ながら、これだけジロジロ体を見ながら親しげに話すオオヤマネコの欲に、ハルは気づいているのかいないのか…そんなことを考えていると…、

ハルは椅子の上でのけぞったことにより、盛大に後ろに倒れてしまった。

ハルはなんとか起き上がろう…とするも、起き上がりしなに机で頭をうち、椅子に座ったはいいものの、後ろから生徒にぶつかられ、痛い思いをしていた。

(…なんだ?この子…誰かに食われる以前に このウサギ なんか今日にでも死にそうだな…)

ハルの様子を見ていてメロンは、単純にすごくドジなのか…それとも『体の大きさと命の重さは比例するのか?』と考える。

ハルは明るい…けど、すごく自分の命を軽く扱ってそう…それがメロンから見たハルの印象なのだった。

気になる子

ハルはメロンの前で黙々と野菜パスタを食すーーー…その様子はまるで食うだけで精一杯の生命活動…という感じにメロンは覚えた。

(変な子 なんで わざわざ俺の目の前で)

そんなことをメロンが考えていると、ハルは『肉食と草食の正しい関係』についてのレポートが未だに白紙なので、そのお詫びとしにきたと話を切りだし、自分の答えを話した。

『肉食と草食の正しい関係』なんて自分とパスタの関係と同じーーーー…、

「食べて食べられる関係 ただそれだけですよ 肉食と草食なんて」

ハルはそれでいい、だからこそ楽しいーーーー…だから仲良くする意味があるんだとメロンに話す。

メロンはそんなこと言ってるといつか本当に食べられてしまう…と話すも、ハルは死と隣り合わせなら愛情に命かけると返した。

(……命が軽いというより…この子は、命が身軽な子…だな)

メロンとハルは食事を終え、廊下を歩くーーーー…すると外は雨が降っていて、ハルは思わず窓のほうにかける。

「ホラ 大雨!」

傘がないと言って慌てていたのに、そう言って振り返ったハルの顔はなんだか嬉しそうにも見えた。

メロンは今まで何匹も獣を殺してきたーーー…ハーフの自分には肉を食べたい欲望の代わりに、殺りく衝動が備わっているからだ。

草食獣を殺したいと思ったことは何度もあったけど、食いたいと思ったことは一度もなかったはずーーーーー…、メロンは窓の外を眺めるハルの首を見つめ、この首はどんな味がするのかが気になった。

メロンはなんだか可笑しくなり、笑ってハルの首に手を回し抱き寄せ、ハルの名前をもう一度聞いた。

ハルはメロンにとって初めて、殺したくはない…食べてみたい草食獣になるのだったーーーーー…。[the_ad id="175"]

ビースターズ(BEASTARS)146話までを無料で読む

ということで、ビースターズ(BEASTARS)146話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ビースターズ(BEASTARS)146話を含めた週刊少年チャンピオン2019年43号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ビースターズ(BEASTARS)146話の感想・考察

ビースターズの最新話、いかがでしたでしょうか♪( ´θ`)

今回はメロンにスポットライトが当たったお話です!
メロンってこんなこと考えてたんですねーーーーー…今まで、なんとなく何を考えているのかあまり分からなかったので興味深かったです!

今まで何を食べても同じ味ーーーー…だから今まで殺しては食べを繰り返してたんですね…。

そんな時現れてしまったハルーーーーーー…なんで君はいっつもタイミングが悪いんやあ!(ノブ風に聞いてほしい)

ほんとハルは引きが強いーーーーーー…それだけ、魅力的な女の子なんですよね。

メロンはラスト、食肉はまるで…男女の恋愛模様のよう…と自分の言ってた言葉を頭の中で繰り返すんですよね。

これって少なくとも、ハルに興味をもってるのが恋愛感情のはじまり…なんてこともあるのではないのでしょうか(°_°)???

メロンにとってこの感情はおそらく初…なんでしょうね。

ハルが食べられることは、レゴシに誓ってない、とは思うのですが…今後の展開ますます気になります!

ビースターズ(BEASTARS)146話についてのまとめ!

ビースターズ(BEASTARS)146話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ビースターズ(BEASTARS)146話を含めた週刊少年チャンピオン2019年43号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

何かと話題のTIKTOKが気になる
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください