ビースターズ(BEASTARS)ネタバレ133話(最新話)!考察や感想も!【潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ】

Amazonで毎回10%以上安く買える 秘密の方法はこちら

ビースターズ(BEASTARS)の最新話133話は2019年6月20日の週刊少年チャンピオン2019年29号に連載されております!

ここでは、ビースターズ(BEASTARS)の最新話である133話「潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもビースターズ(BEASTARS)133話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ビースターズ(BEASTARS)133話までのあらすじ

メロンに撃たれたあと、病院で目を覚ましたレゴシ。しかし、それはなんと生死の境を彷徨う幽体離脱状態だった…。不可思議な体験に戸惑うレゴシの前に、なんと幼い頃に自殺した母親が突如現れて!?

ビースターズ(BEASTARS)133話「潮が満ちれば砂浜は呑まれるよ」のネタバレ

おじいちゃん似

アイロンがかけられた真っ白な服、綺麗に磨かれた華奢な靴、オオカミの毛並みを引き立たせる化粧ーーーー…

あぁそうか…母は幽霊になっても綺麗なオオカミでいようと心がけているのだ…そうレゴシは母を見て思うのだった。

レゴシのことをずっと見る母に、レゴシは緊張をあらわにする。

我が子ながら思ったより可愛げのない顔に育っちゃったなー…でも男らしさが増したという点では、あんたの顔も悪くない出来かなーと母は話す。

レゴシは昔から母はこんな風に、周りからの容姿がどう評価されるかを異常なほど気にしていたな、と思い出す。

「不思議…あんたがここまでおじいちゃんに似るとは思わなかった…おじいちゃんの…コモドオオトカゲの血を薄めたい一心であんたを産んだのに」

そう母が話しながら頭の中で考えていたのは、3人の家族写真。

レゴシの今の顔は、その写真に写った祖父にとてもにていた。

この写真を撮ろうと提案したのは母…祖父との親子仲が悪かったわけではないんでしょ…?とレゴシは問いかけるが母は「単純な話ではないのよ」という。

「ハーフっていうのは生まれた瞬間に 複雑な人生が約束されてしまうの」

母はそう言い、過去の話をし始めるのだったーーーー…。

レアノ誕生

『コモドオオトカゲとハイイロオオカミの間に子どもが生まれる』レゴシの母・レアノが生まれる時病院を騒然とさせ、噂は院内にたちまち広まったらしい。

病院の者たちはどうせ怖いもの見たさで、2匹の間にどんな怪物じみだ子どもが生まれるか心待ちにしたのだろうーーーーー…

しかし大衆の予想や期待を裏切って、レアノは美しいオオカミに成長したのだ。

病院の先生によると、オオカミとトカゲというあまりにも特殊な交配で遺伝がお母さんに偏ったのだと話してくれた。

「世間からの目を考えると血統種のハイイロオオカミに見えるというのは、レアノちゃんの今後のためにも大変喜ばしいことですから」

先生はこうも話すのだった。

先生にそう言われたその日の帰り道、2人は俯きながらどこか思うことがあるかのようだった。

明日から中学生になるレアノ…父はレアノが本当に母に似ていて良かったな、とご飯を食べながら話す。

そんな祖父にレアノは切り出す。

「私 これからはお父さんがコモドオオトカゲだってことを隠して生きようと思うの」

レアノは父のことは好きだし傷つける気はないけど、周りは何でもシンプルで美しいものが好き…だから自分も表向きはそうでありたいと話す。

父は、自分たちの食事は今食べているように大皿のおかずを直箸で取り分けることができる。

それにレアノが、コモドオオトカゲの口の毒に耐性があるのは唯一の親子の証だとし、この食事の時間があれば自分は十分幸せだと話し、好きに生きなさいと告げるのだった。

異変

レアノは中学にあがって、吹っ切れたように“誰からも愛される血統種のハイイロオオカミ”を演じ始めた。

とにかくイヌ科の生態を研究し尽くして、それを全力で愛らしく表現するのだった。

普通のイヌ科は社交家でお人好しで真面目でちょっとドジ…おしゃべりが大好きで誰にでも心を開く明朗快活な性格…しかし、レアノは本来口数が少なくポーカーフェイスなのだった。

これはきっと爬虫類の気質で、絶対にこの本性は隠さなきゃ…と思うのだった。

表向きの情報はなによりも大切…より分かりやすく美しい存在でいれば周りは簡単に愛してくるーーーー…その生存戦略は19になるまで大切にしていた。

そんなある時、レアノの背中にむず痒さがーーー…

なんと背中の毛の隙間から鱗が見えていたのだ。

レアノは大慌てで病院に駆け込む。

先生は、時間差で父方の遺伝が身体に現れたのだと話す。

この鱗は全身に広がるとは限らない…ここだけに留まる可能性もあると話すが、レアノの耳にはうまく入ってこず、そのまま病院を後にする。

レアノは全種族イケメン名鑑をパラパラしながら、急いで自分が怪物になる前に…美しいオオカミを保っている今のうちに血統に近いハイイロオオカミを私も産まなくちゃーーーと相手を探し実行するのだった。

だからレゴシの父親は雑誌で見つけ出したゆきずりの読者モデル…もう名前すら出てこないと母は話す。

そんな母もレゴシが生まれた時は本当に嬉しかった…そうレゴシに伝え、

「あれは私の悔いのない人生を残しておきたくて撮った家族写真よ」

こうとも話すのだった。

写真撮影の時写真屋さんはレアノのことを「お美しいですよ〜〜〜」と言いながら写真を撮る。

そんなレアノのドレスの後ろ部分…背中が空いているところからは鱗がたくさん見てとてた

この時すでに背中一面にむき出しになっていた鱗の痒みさえ、誇らしかったと話す母。

「私の人生に決着がついた瞬間だったの」

そうレゴシに母は告白するのだった。

スポンサーリンク

ビースターズ(BEASTARS)133話までを無料で読む

ということで、ビースターズ(BEASTARS)133話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ビースターズ(BEASTARS)133話を含めた週刊少年チャンピオン2019年29号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ビースターズ(BEASTARS)133話の感想・考察

レゴシ母・レアノの壮絶な話がようやく明らかになりましたね٩( ‘ω’ )و
たしかにこう見るとレゴシってしっかり母親じゃなくておじいちゃん似…。

父親の顔も少し出てきたのですが、結構イケメン風…そっちにも似なかったなぁ…イケメンなレゴシ…ちょっと気になります…ってそれはもうレゴシじゃないか(⌒-⌒; )笑

でも根本的な性格はレアノとレゴシ一緒ですね!
ただやはり”ハーフ“に囚われているレアノはそのまま素で生きるのは難しかったようです…。

そして19の時の身体の異変ーーーー…
ほんとうに恐れていたことで、相当テンパって色々事を進めちゃったんでしょうね…。
それで出来てしまったレゴシ…。

でも『嬉しかった』という言葉には、心底よかった〜〜〜〜と思いました(ノД`)

最後の決着がついた…というのはこの命悔いなし…?ってことなんですかね…?
でも子どもを残していくのに…決着…?
そこのところのレアノの心情がイマイチ掴みとれなかったので…

次回話されること、そしてレゴシの反応も気になります!

ビースターズ(BEASTARS)133話についてのまとめ!

ビースターズ(BEASTARS)133話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ビースターズ(BEASTARS)133話を含めた週刊少年チャンピオン2019年29号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA