ビースターズ(BEASTARS)ネタバレ137話(最新話)!考察や感想も!【桃源郷からの船出】

ビースターズ(BEASTARS)の最新話137話は2019年7月18日の週刊少年チャンピオン2019年33号に連載されております!

ここでは、ビースターズ(BEASTARS)の最新話である137話「桃源郷からの船出」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもビースターズ(BEASTARS)137話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

ビースターズ(BEASTARS)137話「桃源郷からの船出」のネタバレ

恋愛相談

ジュノからの恋愛相談を受けたレゴシは完全に真っ白となる。

そんなフリーズしたレゴシにジュノは声をかけると、“ビクゥッ”とようやく言葉を発するのだった。

「私だって自分にビックリしてるんです…こんなにルイ先輩のこと…本気で好きになっちゃうなんて」

ジュノはとても乙女な表情をしながらそう話す。

レゴシはジュノの、恋を自覚した当日にキスしちゃうところに驚きが隠せなかった。

そしてジュノはもう一つあることを打ち明ける。

「私…最近太ったんです」

ジュノはルイのことを好きだと気づいた日から少しづつ体重が増えている…ルイを思えば思うほど食欲が増しているのだ。

それに対しジュノは“怖い”と感じている…自分は心の奥底ではルイのことを食べたいのかも…と食欲と恋がごち混ぜになっているように感じるのだ。

こんなことジュノはレゴシにしか相談できなくて今日訪ねてきたのだった。

極意

そんなジュノにレゴシは『草食獣との恋愛の極意』を伝授する。

「その極意とは…!!“気の持ちよう”……だよ」

真面目な顔をしてレゴシはそう話すが、ジュノは「なんだ精神論か」とキョトンとした様子。

レゴシは「バカにできないからね!?」とその極意の大切さを語った。

『自分はハルちゃんを食べちゃうんじゃないか』『この恋はやめるべきではないか』そういう不安が一瞬でもよぎる時は大体自分のコンディションが悪い時。

そういう時は体に良いものを食べて、運動して寝る。

自分ちはどうあがいたって一生肉食獣なのだから、上手に自分の本能と付き合うのが第一だとレゴシは話す。

ジュノの食欲が増したのも、いわゆる恋煩いの一つに過ぎないかもしれないとレゴシはフォローした。

「それでも“過ち”を犯した時はすべて終わりだ…だからこそ俺たちは命がけで心を穏やかに保つべきじゃないかなって…」

そうレゴシは自分の考えを話した。

「…重いですね」

ジュノは異種族との恋愛の重さに、うつむきながら少し汗を流のだった。

周りからの視線

そんな話をしている時、大きいジュノのお腹の音がなったので表通りにご飯を食べに行くことにする。

2人は一緒に歩きながら…レゴシはハルと歩いていた時、ジュノはルイと歩いていた時『こんな感覚味わうことなかったな』と一緒のことを感じるのだった。

『同族の男女が街を歩くだけで みんなが道をあけるなんて』

2人に浴びせられる視線は“羨望”や“称賛”のような、とにかく好意的なもの。

それがレゴシはとても居心地が悪い。

店の席に着くと、店員はサービスだとプリンを出してくる…ジュノはそのプリンを食べながらあることを考えるーーーーーー…

同族の男女は結婚すると…“純婚金”といわれる国からの“ご祝儀”が支給される。

その流れで純潔の子どもを産めば、更に多くの“養育補助金”が支給されるので…血統の家庭ならお金に困らず暮らせるようのなっているのだ。

固有の種を残すのが正義…国をあげて祝福するもの…。

“認められて” “褒められて” “愛されて” “ 裕福に暮らせる”

これはジュノが今まで求めてきたもの…それがすべて純潔婚だけで手に入ることに衝撃を受けのだ。

レゴシはと言うと、このような周りの対応で…ハルの実家は立派な一軒家なことを思い出し、もしもハルと自分が一緒になることを考えると色々な不安がよぎるのだった。

叫び

2人は現実を目の当たりにし、気が重くなる。

ご飯を食べるも2人とも何だか疲れていた。

帰り道ーーーーーー…警察と報道陣がたくさんいたので、食殺事件でも起きたのかな…とレゴシは話す。

そんな時報道陣のレポーターが2人を目にし「お話いいですか?」と話しかけてくる。

レポーターはこの通りで食い魔事件が起き、犯人は逃走中…それについて肉食獣カップルのレゴシとジュノはどう感じたのかというコメントを求めてきたのだった。

ジュノは一瞬間をおき「…付き合っていません私たち」と否定する。

レポーターは失礼しましたと、『じゃあ…』と肉食と草食で共に暮らすリスクについて一言を求める。

ジュノはレポーターからマイクを“バッ”と奪い取りーーーー…

「私は今 雄鹿に大恋愛中なの!!リスクなんて怖がってたら振られちゃうでしょ!?」

そう怒ったように叫ぶのだった。

報道陣はジュノの叫びに慌てふためいてカメラを止め、レゴシはジュノの慌ててその場から連れ逃げ去るのだったーーーーー…。

ーーーーーーーコーポ伏獣に戻った2人。

ジュノは今日一日で思うことがありすぎて、つい最後に爆発してしまったことをレゴシに謝る。

レゴシもジュノの気持ちは共感できたので、ジュノの話を親身に聞いていた。

時刻は11時半ーーーー…もう終電もないだろうからとジュノに「部屋に泊まってく?」と提案する。

レゴシはジュノがいるので、友達・サグワンの部屋に行くのだった。

ジュノは部屋で1人ベットの中物思いにふける。

(私は皆が大好き 今までのニコニコ笑顔で言う気にはなれないけど…しかめ面で言う「みんな大好き」

ただ強く 今はいいよね…それで)

そんなことを考えながら眠りにつくのだったーーーーーー…。

ビースターズ(BEASTARS)137話までを無料で読む

ということで、ビースターズ(BEASTARS)137話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ビースターズ(BEASTARS)137話を含めた週刊少年チャンピオン2019年33号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ビースターズ(BEASTARS)137話の感想・考察

ジュノの恋愛相談話回いかがでしたでしょうか♪( ´θ`)

こうやって狼2人が草食に対しての恋愛話をするのってなんだか面白いですよね!
レゴシは始め驚きすぎて真っ白でしたが…笑

まぁ…レゴシはハルに手が出せてませんもんね…。
ジュノは初キスだと言ってましたが…行動力がありすぎて驚きます…。
強引な感じが彼女の魅力です( ´∀`)

そして外に出てからのお話が新鮮でした。
おなじ種族カップルを見る周りの目ってこんな感じなんですね…。

さらに驚いたのは結婚の制度!
こんな支援されるんだ…だからみんな同じ血統種にこだわるのか…と腑に落ちました(⌒-⌒; )

納得がいくよーーーな…いかないよーーーーな…
なんだか少し変な顔になってしまいます…(;´д`)
やはり種族が絶えないことは大事なので…支援されるべきなのでしょが…

みんな自由に、恋愛したり、選択できたり…
これはビースターズ内だけの話ではないのですが、自分でちゃんと選べて、周りもそれを尊重できる…そうなればいいのになぁ…と考えてしまいました。

次号はとある“盗賊団”のお話だそうです!
どんなお話になるか楽しみに待ちましょう♪

ビースターズ(BEASTARS)137話についてのまとめ!

ビースターズ(BEASTARS)137話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ビースターズ(BEASTARS)137話を含めた週刊少年チャンピオン2019年33号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です