バキ道ネタバレ31話(最新話)!考察や感想も!【トリケラトプス拳】

バキ道の最新話第31話は2019年5月16日の週刊少年チャンピオン2019年24号に連載されております!

ここでは、バキ道の最新話である31話「トリケラトプス拳」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもバキ道31話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

バキ道31話「トリケラトプス拳」のネタバレ

武術家たちの学んだもの学ばなかったもの

古代中国の武術家たちは人間以外の生物から戦闘法を学んだ。

虎・熊・鶴・蟷螂(かまきり)・龍

しかし、昆虫や想像上の動物にまでヒントを求めながら、何故彼らに学ばなかったのだろうか?

もっと巨大で強力な生物が現実に存在していたのに・・・

それは、

Tレックス、アルゼンチノザウルス、トリケラトプス

などの恐竜であった。

そして、ここにバキという一人の天才格闘家が、この惑星史上最強の突進力に学ぶ

その名も

トリケラトプス拳

バキは体全身の重心を低くし、トリケラトプスの型を構えました。

宿禰の見たもの

バキのトリケラトプスの構えに対し、宿禰は見えるはずのないトリケラトプスが見えていました。

それは半透明から次第に表皮に刻まれた傷跡やシワの一本、爪の汚れ、年齢に到るまで鮮やかに実体化していきました。

宿禰にとって初めての光景でした。全長10メートル弱、体重10トン弱、アフリカ象より遥かにでかい形です。

宿禰の40〜50倍の体重差があると言えます。

宿禰は自問自答します。

技術(わざ)で埋められる体重差は2倍まで。3倍の体重差は技術を断つのだろうか?と

宿禰は全身に冷や汗をかくことになります。

宿禰微笑み

宿禰はゆっくりとそして大きく足をあげ、四股をふみました。

ドッ

闘技場の砂が飛び散ります。

宿禰は微笑んで、こう言い放ちます。

「50倍・・・・?」
「わたしならちょうど良い」

そして、バキと宿禰の戦いを遠く観戦席から眺める男が4人いました。

渋川剛気、花山薫、愚地独歩、愚地克己

渋川「ホッホッホ い〜〜い力士じゃのォ〜〜〜〜〜」

バキ道31話までを無料で読む

ということで、バキ道31話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、バキ道31話を含めた週刊少年チャンピオン年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

バキ道31話の感想・考察

形意拳として恐竜をモチーフにするとバキの格闘技術の独創性には驚かされます。

一方、宿禰も体重差50倍の相手に対し、宿禰は丁度いい体重差と言い切ります。
このあたり、どんな逆境でも立ち向かえる精神力のタフネスさには見ていて清々しいです。

また、武蔵編で武蔵を武の化身と見立てほとんど無敵だったのに対し、宿禰は等身大の
人間性が描かれており、武蔵よりも共感は得られるのではないかと思います。

地下闘技場戦士もでてき、今後の戦いにどう絡んでくるのか目が離せません。

バキ道31話についてのまとめ!

バキ道31話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、バキ道31話を含めた週刊少年チャンピオン2019年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です