アルスラーン戦記ネタバレ71話(最新話)!考察と感想も!【ギスカールの野望】

アルスラーン戦記の最新話71話は2019年5月9日の月刊少年マガジン2019年6月号に連載されております!

ここでは、アルスラーン戦記の最新話である71話「ギスカールの野望」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもアルスラーン戦記71話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

アルスラーン戦記71話までのあらすじ

大陸公路の強国「パルス」の若き王子・アルスラーン。永遠と思われた国の栄華が終わりを告げた時、すべての運命が変わる!!

アルスラーンとエトワールの再開を果たすも敵同士…信仰の違いなどからわかり合うことは叶わなかった。その時王都ではエルメスが帰還してーーーー…?

アルスラーン戦記71話「ギスカールの野望」のネタバレ

エルメスの帰還

「ザーブル城攻略ご苦労だったな、銀仮面卿」

ギスカールは帰還したエルメスを迎い入れ、百騎ほどしか兵を連れ戻していないことを問います。

エルメスはボタンがまた戻ってくるかもしれないとして、ザブールに残す兵力は多い方がよいと話します。

このエルメスの話にギスカールはこのままザ ブール城を自分の根拠地にし、そして今自分が銀仮面卿を害することができないと高を括っているな…と考えます。

エルメスは聖マヌエル城が陥落させたアルスラーンの話をしたりと皮肉めいたことを言うので、そんなことを「わざわざ言いに来たのか?」とギスカールは問います。

「我が本名はヒルメスと申す」

「父の名はオスロエス」

そう自分のことを明かすエルメスに、「…オスロエス?」とギスカールは戸惑いをみせます。

『オスロエス』というのはパルス国王の5代目だからです。

「父の弟の名はアンドラゴラス、兄を弑し王位を簒奪した悪虐の男でござる!」

そのエルメスの言葉にギスカールは驚き、考え込みます。

どういう事情があるのか詳しく聞かせてほしいというギスカールにエルメスは話すのです…パルス王家の抗争史をーーーー

ヒルメスの思惑

女をめぐる兄弟の暗闘、兄殺し、王位簒奪…そして未遂の終わった甥殺し…と過去の出来事をエルメスはギスカールに話すます。

「パルス王位の正統性はこのヒルメスにあること」

しかしこの話にギスカールは1つ疑問が生じます。

「なぜ、今素性を明かす気になった?おぬし何を考えておる?」

エルメスはギスカールには何かと御恩がありこれからもお互いの結びつきによって利を得たいこと…この秘密を明かしたのもギスカールを信頼しているからだと話す。

しかしギスカールは簡単には信用しません、本音はどこかと考え込み…

(嫉妬か)

と考えつくのです。

『アンドラゴラスの小せがれ』という呼び方に、アルスラーンごときを対等の競争相手として認めてたまるかという心の表れだろうと…。

そうはいっても現状はアルスラーンに押されっぱなし…このまま事が進めばアルスラーンが救国の英雄となりそのまま王位につく…後からエルメスが『己が正統の王だ』『アルスラーンは簒奪者の息子だ』と言い立てたところでパルス国民はヒルメスを無視するだろうーーーーとエルメスは考えて今の内に自分の存在を明らかにしようと思ったのでは、と推察する。

ギスカールはこのことに不快感を覚えます。

自分たちルシタニアではアルスラーンの勢いに抗しきれないと見くびったうえに、殊更に正統性を主張する…それはギスカールが兄王・イノケンティウス7世に取って代わろうとする自分を絶対悪とでも言いたいのだろうか!!と憤慨します。

ギスカールは深いため息をつき、アルスラーンに対応できるのか問いかけます。

アルスラーンには“兵数”のみだというエルメスに、ギスカールは兵を多く集めるには理由がある、それに集めた兵を統御するにはそれなりの器量が必要ではないか?という問いかけに、そんな力はない!と一刀両断します。

「側近共に担がれ操られているだけのこと!器量だの才幹だのという以前のことでござる!」

そう怒りを見せて話すエルメスにギスカールは「引き続きおぬしの力を借りよう、ヒルメス卿」と杯を交えるのでした。

宝剣ルクナバード

「力を借りに来た」

そう言うエルメスは尊師の元へとやってきた。

アトロパテネの戦いを再現するよう望んでいるエルメス。

尊師はその時ほどの力を使えば自分の生命力は空になる、それに自分の弟子を殺せるほどの臣下がアルスラーンの元に揃っているため、アルスラーンが来るまでに力を溜め込んでおくと話し、続けて「おぬしも今のうちにできることがあろう?」と言うのでした。

「宝剣ルクナバード」

それは正統のパルス王に証である剣だった。

三月にデナヴァント山付近で大きな地震があり、山の一部が大きく崩れたと聞く…もしかしたらそこに眠るルクナバードへ至る道が開いたかもしれない…そう尊師は正統の王位継承者よ…とエルメスに話すのでした。

「…邪魔をしたな」

そう言うヒルメスは尊師の元を去るのでした。

ヒルメスの野望

「ふ……はは……はははははははははははははは」

そうギスカールは笑みをこぼします。

(ヒルメスに我が兄を殺害させればよいではないか!!)

エルメスが抱え込んでる正統意識を刺激すれば不可解なことではない…そしてルシタニア王イノケンティウス七世を殺害したヒルメスをルシタニアの王位継承者…このギスカールが処罰する!!

自分が王になりたいギスカールは前後の敵を一度に片付けられる!と笑いが止まらないのでしたーー…。

無敵王・アンドラゴラス

ギスカールはさっそくエルメスをたきつけようとしますが、すでにエルメスは王都から出て行っていました。

何かおかしいと感じたギスカールは、後を追い何を目論んでいるか確認せよ、と兵に命じるのでした。

王宮に戻ろうとしたギスカールでしたが、あることを思いつきます…

「使いようによってはパルス王党派を分裂混乱させるための道具にも使えるかもしれぬ男よ」

向かった先はアンドラゴラスの元でした。

「ルシタニアの王族とやらがわしに何の用だ」

拷問されているにも関わらず力衰えることのない迫力にギスカールは圧されます。

そしてギスカールはエルメス…アンドラゴラスの甥にあったと話すが、アンドラゴラスは「名乗ったから信じたわけか」とルシタニア人は正直者だ、と言うのです。

「どうやって我々に勝てたのか不思議なことだ」

そう言うアンドラゴラスは獅子用の鎖を引きちぎり周りの兵士を次々と殺していくのです。

「おっ…」

と剣を引き抜こうとするギスカールでしたが鎖で脚をとられ捕まってしまうのでしたーーー…。

アルスラーン戦記71話までを無料で読む

ということで、アルスラーン戦記71話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、アルスラーン戦記71話を含めた月刊少年マガジン2019年6月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

アルスラーン戦記71話の感想・考察

ギスカール大ピンチで終了しましたね!

ギスカールの野望…は叶うことはないのでしょね(;´д`)

そして「宝剣ルクナバード」の話が出ましたね!

このままエルメスが引き抜いてしまうのか…やっぱり引き抜くならアルスラーンじゃない!!?と思ってしまうのですがどうなのでしょうか…。

これからの展開楽しみです!

アルスラーン戦記71話についてのまとめ!

アルスラーン戦記71話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、アルスラーン戦記71話を含めた月刊少年マガジン2019年6月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です