この漫画は全巻買うとおいくら?

あおざくらネタバレ231話(最新話)!考察や感想も!【言葉と行動】

あおざくら防衛大学校物語の最新話231話は2021年6月2日の週刊少年サンデー2021年27号に連載されております!

ここでは、あおざくら防衛大学校物語の最新話である231話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

最新刊の情報も確認してみてね~

過去のネタバレはこっちだよっ

→あおざくらネタバレ230話!考察や感想も!【常代の夢】

→あおざくらネタバレ229話!考察や感想も!【目標と目的】

スポンサーリンク

あおざくら防衛大学校物語231話のネタバレ

山並の母校

チームβの打ち上げには不参加だった山南ーーー…彼が夏休みに訪れたのは母校の高校だった。

先生に挨拶をすませ廊下に出ると山並は伊東と遭遇する。

山並も高校の先生に挨拶に?と聞いてきた伊東に頷く山並……それに先生は山並にとって少林寺拳法を勧めてくれた恩師でもあるからだ。

それを聞いた伊東は懐かしいという……伊東も少林寺拳法をはじめはやっていたがやめてしまっていた。

伊東は山並が来るって知ってたら時間を合わせたのに…バラバラに挨拶行ったら先生も手間だろうしというが、山並はそれに対して大丈夫じゃないかと返す。

バラバラの方が先生に気を遣われないとも思うしとのこと。

伊東は去り際「そうそう」と言って近藤が山並と一緒でグループに入ってくれなかったことを話し残念だという。

じゃあまたーーー…そう言って2人は別れるのだったーーーー…。

謝罪

近藤が自宅で勉強しているとスマホが鳴るーー…それは山並からで東堂も連れて近藤の家に行ってもいいかというものであった。

それを快く了承し、山並と東堂は近藤食堂へとやってくる。

東堂と近藤は久しぶりの再会だった。

料理の待ち時間の開口一番、東堂は頭を下げて伊東に近藤の家庭の事情を断りもなく話してしまったことを謝る。

伊東に近藤と仲良くしたいからって言われてつい実家が経済的に困ってる事とか、前期部屋で一緒だった事とか話してしまったそう。

言って欲しくないこともあるはずなのに頭が回らなかったと申し訳なさそうにする。

近藤はそれに対して怒ってないし、自分も前に土方のこと聞いて回ったりしたことがあったことを話す。

その時はまあ具体的な話は聞かなくて直接本人に聞いたという近藤に、山並と東堂は意外だと驚くのだった。

この前のチームβの打ち上げのことを山並が聞いてきたので、近藤は打ち上げの前に伊東に誘われてクラブに行ったことを話す。

いろんな人を紹介された……その上打ち上げはクルーザーを貸し切ったパーティーーー…息の抜き方はもちろん、将来の考え方もしっかりしててすごいやつのはず……なんだけど正直話しにくかったと近藤はいう。

常に優位を取られている感じがした……伊東の話し方は近藤がなんて答えるか全部わかっているような感じなのだ。

東堂はそれが伊東のすごいところだという。

三大隊でも指導教官がよく言うーー…リーダーになるために伊東を見習え、手本にしろと。

確かに見習うべき部分も多いと山並も思っている。

体力優秀に加え成績も優秀、コミュニケーション能力もあるし上級生や一学年からの支持も厚い。

近藤の感じたの伊東との話しにくさは伊東の魅力と表裏一体ーー…伊東の強みは、レトリックを使いこなせるところにあると山並はいうのだったーーー…。

伊東のすごみ

「レトリック」とは日本では修辞法とも呼ばれ、聞いた人を魅了させるための表現方法の一つである。

何かを伝える際、言い回しを工夫することで相手の感情に強く訴えかける、それがレトリック……内容次第では詭弁でしかない場合もある。

言葉で物事の表面を魅力的に取り繕うことで同じものを良く見せる…これもレトリックだ。

これは自衛隊でも役に立つーーー…感情がある人間を動かそうと思ったら理屈だけじゃうまくいかない、言葉で感情を動かし信頼を勝ち取ることができればチームワークが良くなって士気も高まる……リーダーがやるべき仕事。

例えば「我々は今危機的状況にあるがここを乗り切れば最大の栄光が待っている」といえば、ただ状況を伝えるよりも部下がやる気を出す可能性が上がる。

まぁ簡単に言えば口が上手いということだ。

これは自衛隊のような厳しい環境下で部下を動かすために必須能力といえる。

近藤には一番足りない能力だと山並はぶっこむ。

だって近藤は他の一学年から恐れられている……それって物事を直接的に言いすぎてレトリックを使えていないからといえる。

そう言われて近藤は直接的な方が相手のためと思ってやってきたけど、確かにそうなのかもしれないと考える。

山並はきちんと相手の感情へ訴えかける……その点では伊東のほうがはるかに能力が高いというので、近藤は伊東の言動を思い出しながら納得をする。

言葉は上手く使えば自分を優位にことを運べる。

例えば会話をするときに自分が先に質問を出すことで、相手の言葉を封じたり相手が何を言うか誘導することができる。

質問の返答ならYES NO その他で大体予想できるし突拍子もないことは言えないからーー…これが何を話してもこっちの考えが読まれている感じの正体というわけだ。

打ち上げで谷を信じるって言った時、伊東は一瞬焦った……思えばあれは聞いてきた質問と全く違うことを自分が言ったからだろうと近藤は思うのであった。

こう聞くと聞こえが悪いけど伊東は別に悪人じゃない。

常に自分の想定通りにコトを運ぼうとする節があるから気になる人はいるかもしれないけど、常に人を評価してるとも言える。

これに近藤は何か物申そうとするが、山並に名前を呼ばれてストップをかけられたので近藤は大人しくする。

伊東が他の防大生より優れているのは、リーダーのレトリックを用いた…言って魅せる力だと山並はいう。

それに対なるのが、近藤が行ってきた…やって魅せる力だと思うも山並はいう。

それは海軍にいた山本五十六のやり方……幹部なのに自ら「やってみせ」で部下を付いて来させたというやり方だ。

伊東のやり方より山並はそちらの方が好みだそう。

近藤は山並が今日わざわざそのことを教えにきてくれたのか……というが、山並はそんなつもりは全然ないという。

東堂が謝りたいというから、それにごはんのついでだというーー…こんなことを言ってるけど何だかんだ近藤のためなのだろう。

ところ変わって関西空港、そこには西脇と岩崎がいた……向かう先は羽田だというーーーー…

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ
下に書いたよ~
スポンサーリンク

あおざくら防衛大学校物語231話の感想・考察

あおざくらの最新話いかがでしたでしょうか♪( ´θ`)

山並は伊東のことを知ってるんだなとは思っていましたが母校が一緒だったんですね!
防大で関係がある感じはなかったから、伊東は高校のときからあんな風にだったんでしょうね…。

今日の山並の話を聞いて、伊東の言って魅せる力について色々納得しました!
あぉ確かにね……と。

好きな人は好きでしょうし、ついていく気持ちもわかります。
でも私も山並と同意見で魅せる力を持つ人についていきたいなぁ…なんて思います。

もうこれは好みだと思いますけどね。

ラストの西脇、岩崎コンビが羽田に向かってるのもとても気になります!
岩崎は以前出た時部屋で塞ぎ込んでる感じがありましたしね…。

今後の話にも関わってきそうです!
また来週楽しみに待ちましょう(╹◡╹)♪

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年サンデーの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年サンデーの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年サンデーネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、あおざくら防衛大学校物語231話を含めた週刊少年サンデー2021年27号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
1
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最新刊の情報も確認してみてね~

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください