あおざくらネタバレ180話(最新話)!考察や感想も!【近藤と土方】

あおざくら防衛大学校物語の最新話180話は2020年4月22日の週刊少年サンデー2020年21号に連載されております!

ここでは、あおざくら防衛大学校物語の最新話である180話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→あおざくらネタバレ179話!考察や感想も!【勝利報告】

→あおざくらネタバレ178話!考察や感想も!【乾杯】

スポンサーリンク

あおざくら防衛大学校物語180話のネタバレ

噛み合わない2人

土方の前に大量の料理がやってき、土方はそれを食していく。

それを見ていた近藤は自分が『おごる』と言っておきながら顔が真っ青になっているに土方が気づく。

近藤的にはドリンクバーとかを“おごる”という意味だったそうだが、土方も岡上と同じで食事制限をしていたからガッツリ食べたいのだという。

「正直、安心した。」

土方のこの言葉に近藤は「何が?」となっていると、土方は対番学生にきちんと準備品を買い与えていたことを聞いており、きちんと他人を労うことを学べたことを指しているようだ。

私利私欲だけ求めて、命をかけて働く部下を全く労えない人間になりそうだった以前の近藤のままでは“愚劣の極み”だと土方は話す。

これに近藤は怒った顔で言い返そうとするが、大きな声が出たことで周りがざわついたため言いとどまる。

土方は静かに、今は変わったって褒めているってことだろ…とイチイチ噛み付かないでほしい…と言うのだった。

近藤も負けじと言い返そうとするーーー…今日こうやって自分の呼びかけに土方は応じた…今までの土方なら既読スルーとか着拒で突っぱねて無視していただろう。

カッターの時も近藤の提案を受け入れたり、人の話を聞くようになってるっていう傾向だろうが…と近藤も土方の変化を指摘する。

“ガタァッ”

2人は席を立ち上がり、お互い本当にイラつく…そして本当にムカつく相手だな…と睨みあうのだったーーーー…。

若さ故の

「で、なんの用だ?」

着席した土方が近藤にそうたずねる。

すると近藤は自分と土方が最初に会ってどれくらいか…まだ一年も経ってないよな…と聞いてきたので、土方は一学年の中期、同部屋になった時からだからそうだな…と答える。

「オマエその時、オレになんて言ったか覚えてるか?」

近藤は土方が『なんでキサマが小付になった』『坂木さんの贔屓か?さっさと身の程を知って辞退しろ』と言ったことを告げる。

すると土方は「いい加減にしろよ。」と近藤の頭を鷲掴みにした。

若さ故の過ちを蒸し返してオレが苦しむ姿を眺めるのが今日の目的か…と土方は起こった様子だが、近藤はそういう意味でよんだわけではない…と弁明する。

「やっぱり土方も、あの頑なな態度は若さ故って思うんだな。 オレもだよ。」

近藤も土方と同じ気持ちを持っていることを打ち明けるのだった。

ファミレスが混む時間へとなってくるーーー…なので2人は店を後にするのだったーーー…。

オマエと出会って

店を出て2人はヴェルニー公園のほうへと歩く。

近藤が艦艇を見ないか…というので2人は海の方へ…そして止まっていたのは沖田がよく乗りたいと言っている『いずも』が停まっていた。

「土方と会って…オレは自分がかなり変わったと思うよ。」

土方みたいなヤツ、近藤は今まで知り合いにはいなかった。

自分の価値観がぶち壊されそうな頑なさで目の前に立ちはだかってきたーー…秋季訓練の時なんて、この近藤が土方と取っ組み合いのケンカをしたこともあった。

他人とそこまで激しくぶつかり合うなんて、それまでの近藤では絶対にありえないことだった。

この近藤の話に土方は、自分が鍛えてやったってことだな…感謝しろと言ってくるので、近藤は土方はすぐそういうことを言う…とムッとする。

近藤の話は、お互い腹割って言いたいこと言いまくったよな…ということーーー…そして最終はカッター競技会を制するまでになったのだったーーーー…。

近藤と土方

「…オレ達、本当は親友になれてたのかもしれないよな。」

海を眺めながら近藤はそう呟く。

これに土方はどこの世界線の話だ…と“ない”と言い切る。

「近藤は海…オレは陸…カッターが終わり、訓練も課業もこれからは別々だ。小隊も違う。」

今後はこれといった接点は特にない…卒業まではいちは変わらないからだと土方は話し、今回自分を呼び出した目的は結局なんだっとのかを近藤に問う。

すると近藤は防大に入る時、高校の先生に教わったことを話し出すーーー…

至誠に悖るなかりしか、言行に恥るなかりしか、気力に欠くなかりしか、努力に憾みなかりしか、不精に亘るなかりしかーーー。

自省自戒して近藤は気づいたーー…このまま終わってしまってはダメなんじゃないかと。

後悔したくないから、キチンと土方に伝えたかった。

「どこまでも足りないオレに、真っ直ぐぶつかってくれて…ありがとう、土方。」

2人の間に沈黙が流れるーーーー…しばらくして土方が“フンッ”と息を出し、なんだそんな話か…と呟いた。

妙に勿体ぶるから何事かと思って構えていたのに拍子抜けしたという土方は、下宿に帰ると去ろうとする。

近藤は早くも言った事を後悔してきて苛立ちを覚えていると、

「近藤ーーー!!!…またカツ丼食いに行くから、ランチメニューに入れとくよう、親父さんに伝えとけ!」

“ありがとう”という言葉を受けた土方の精一杯の言葉だろう。

近藤は嬉しそうな顔で「ああ!」と返事をして別れる。

土方は帰りながら近藤の“親友”発言を思い出し、心の中で『……バカめ。』と呟くのだったーーーー…。

一方その頃病院で岡上は坂木から大事な話を聞いていた。

兄から話を聞き、岡上は病室を後にするーーーー…岡上の目からは涙は溢れ出した。

兄が伝えた大事な話ーーー…

『…つまり後遺症で、オレの片目はもうほぼ視力を失ってる。パイロットになるのは……無理になった…』

それは兄の夢が潰えたという残酷な現実なのであったーーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

あおざくら防衛大学校物語180話の感想・考察

あおざくらの最新話いかがでしたでしょうか( ´∀`)

近藤と土方相変わらずでしたね…w

でもこうやって何でも言い合い、ぶつかって、なにかを成し遂げる。
…ほんといいコンビだと思います。

近藤は土方と“親友になれたかもしれない…”と話しましたが、土方的にはすでに“親友”になっている感じだったんですかね!?

去り際の『バカめ…』がいい感じを出してますね♡

そして坂木ーーーーーーー…!!!!!
うおおおおおおおお…坂木いいいぃぃぃぃぃぃ…

片目が見えない…パイロットあかんやつ…
なかなか辛い現実ですね。

でもこれからどうやって坂木が立ち上がっていくのか、そして進んでいくのかがとても楽しみです。

また来週も掲載されますので、楽しみに待ちましょう( ^ω^ )

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年サンデーの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年サンデーの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年サンデーネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、あおざくら防衛大学校物語180話を含めた週刊少年サンデー2020年21号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
何かと話題のTIKTOKが気になる
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください