あおざくらネタバレ169話(最新話)!考察や感想も!【艇長・土方】

あおざくら防衛大学校物語の最新話169話は2020年2月5日の週刊少年サンデー2020年10号に連載されております!

ここでは、あおざくら防衛大学校物語の最新話である169話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→あおざくらネタバレ168話!考察や感想も!【正論】

→あおざくらネタバレ167話!考察や感想も!【テーマソング】

スポンサーリンク

あおざくら防衛大学校物語169話のネタバレ

艇長・土方

地獄のカッター訓練が今日も始まるーーー…みんなはすでに満身創痍で、疲れが取れていない状態だった。

6時になり起床、8時半にはアニメのテーマソングを聞きながら、練習に励む。

土方が艇長に選ばれてからトレーニングはさらにきつさを増した

土方はアメフト部で体力があるかもしれないが、その基準でやるなよ…と同級生に言われる土方だったが、それを聞き入れる様子はない。

「今のクソ体力で金クルーが獲れると本当に思ってんのか!?短時間で仕上げて上級生の期待に応えるんだろ!!」

こうは言うが、やはり土方の指導はなかなか厳しいものだった。

近藤は、クルー長である芹澤が土方を艇長に任命したのは、どんな意図かを考える。

性格はあんなスパルタな土方だが、『漕ぎ手』としては中隊一、二の実力を持っている。

『漕ぎ手』としての戦力よりも、土方には人をまとめられるリーダーシップが存在するということなのか…。

クルーを束ねるリーダーであり、一緒に金クルーを目指す仲間…『結果を求めるだけ』の土方のやり方じゃ、とてもそんな艇長にはなれないはず…だと近藤は思う。

こんな状況で本当に勝てるのか…不安になる近藤は、土方に全体の雰囲気がまずく、このままじゃみんなの不満が爆発するのでは…と意見する。

しかし土方にはなにが不満かわからない…今のやり方で、タイムも出し、結果も出すという。

「オレは芹澤さんに選ばれて艇長になったんだ。つまり『オレのやり方でやれ』ってことだ。」

漕ぎ手の近藤が口出しするな…と、近藤は一蹴されるのであったーーー…。

大丈夫…?

時刻はすでに深夜の0時半ーー…消灯延長してまでミーティングが行われる。

体力回復もままならない…と辛そうにするクルーたちに、土方から就寝直前に行うトレーニングの話が始まり、クルーは真っ青になるのだった。

ミーティングが終わり、ベッドを用いた模擬オールによる練習をする隊クルーたちーーー…彼らは寝れるはずもなく、朝を迎える。

クルーたちが疲れるなか、土方に芹澤が話しかける。

タイム良好、金クルー目指してかなり標準が定まってきたのは分かる。

「ただ、ちょっと…無理させすぎというか、キツイ…んじゃないか。」

芹澤は少し心配しているかのような言葉をかける。

しかし土方はそれに対して特に触れることもなく、先輩方の期待に添えるように全力で挑むと返した。

芹澤は仲間たちの話もしっかり聞いてやるように…と最後に付け加え、別れるのだったーーー…。

団結力は増していくも…

「ーーしかし、このカッター訓練さえ乗り越えれば、ついにオレたちは『人間らしい暮らし』を防大内で手にできるな。」

室内練習中に、斎藤はこう呟く。

人間らしい生活なんてとっくに忘れたクルーたちーーー…入校から1年過ぎてこんな過去くな生活のせいであろう。

彼らが多少楽になる…例えば、下宿の存在。

ただの私服置き場ってわけじゃない…私服で外出できるということは、外でやれることがかなり増えるということ…というので、確実行きたい場所について話す。

すると近藤は「図書館に行ける。」と呟き、周りの人たちはそれは制服でもいけるし、疲れて頭が回ってないんじゃないか…と引かれた。

「集中っ!!」

おしゃべりは岡上によって中断され、3セット目が終了したので15分の休憩が始まる。

一人が正直な話、ここまで追い込んだ訓練が必要かどうか…を呟く。

カッターが終われば勝ち負け関係なく、一人前の防大生と認められる。

必ずしも金クルーを狙いに行く必要はないんじゃないか…という疑問からだった。

その発言に、上級生も新入生も懸命に応援してくれているし、大隊・中隊の名誉だってかかってるーー…勝てるなら勝ちたいと返す面々。

沖田も、現場でいうとタイムだけ見たら前年度決勝3位の成績と同じところまで追いついているし、いい線で仕上がっていると発言する。

「近日、大隊内での模擬レースがある。そこでいい結果が示せそうだな。」

山並のこの言葉に、みんなは『やってやる!』という気持ちで統一されていく。

苦しい中で団結が生まれてきている大事な場面ーー…しかしその場に土方はいないのだったーーーー…。

クソアニメ中隊

土方はというと、一人で買い物にきていた。

最近クルーたちの口答えが減ったと感じ、自分の判断と指示が結果を出しているからだろうな…と土方は考える。

(…たまにはオレから、ジュースでも差し入れてやるか。)

そんなことを考えている土方に、知り合いである正岡が話しかけてくる。

ボロボロの正岡に、まだ退校してなかったのか…とヒドイ言葉を投げかける土方。

正岡はそれにツッコミつつも、カッター練習の具合を尋ねる。

「土方。オマエ、一一クルーの艇長やってんだって?『アニメ中隊』の!仕上がりどうよ?」

正岡の『アニメ中隊』という言葉にカチンとくる土方。

「…クソ『アニメ中隊』だが、まぁ…カッターは楽勝って感じだな。」

こんな言葉を発言してしまうーーーーー…その話を陰から聞いていた芹澤…彼の持つカゴには大量のエナジードリンクが入っているのだったーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

あおざくら防衛大学校物語169話の感想・考察

あおざくらの最新話いかがでしたでしょうか(*゚▽゚*)!

いやぁ…カッター練、めちゃくちゃしんどそうですね…。
もう意識が飛んでいってしまいそう…。

艇長が土方でなくともしんどいはず…それが土方だと、ほんと大変そうですね(⌒-⌒; )

芹澤の意図はなんなんでしょうね?

リーダーシップがとれる、そんな風になってほしくて艇長に推したとか?
土方にはその器はある、とは思うんですよね。

それか、人の意見をしっかりと聞きつつ、方向を示せるような人になってほしい…とか?

土方まったく人の話、受け入れませんもんね…。
ただただ、今は自分が正しい…と主張するばかり…(;´д`)

なんとかみんなの精神で繋ぎあってるけど、プツンと切れる寸前に感じます。

みんながしんどい時買い物してるし…珍しく、差し入れなんてアメとムチじゃん…と思ってる時に『アニメ中隊』という言葉で、最低な言葉を発言する土方。

いやーーーーー…それはない。
ないよりのない。

アニメ中隊「だが」とか、カッターも軽くみてる所とかほんとないです。
なにもわかってない感。

それを聞いてた芹澤ーー…めちゃくちゃ怖い予感します。
大量のエナジードリンクたちが…さらにこわみを増す…。

個人的に、模擬レースはいい結果がでないと思います。
そこから彼らが、どうやって立て直すのか…みたいになるのかな?

今後の展開楽しみです(⌒▽⌒)

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年サンデーの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年サンデーの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年サンデーネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、あおざくら防衛大学校物語169話を含めた週刊少年サンデー2020年10号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください