アオアシネタバレ247話(最新話)!考察や感想も!【最後の晩餐】

アオアシの最新話247話は2021年3月8日の週刊ビッグコミックスピリッツ2021年14号に連載されております!

ここでは、アオアシの最新話である247話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

 

最新刊の情報も確認してみてね~♪

→週刊ビッグコミックススピリッツネタバレ一覧はこちら(^^♪←

過去のネタバレはこっちだよっ♪


→アオアシネタバレ246話(前話)!考察や感想も!【本当の使い方】
→アオアシネタバレ245話!考察や感想も!【混沌をコントロールする男】

スポンサーリンク

アオアシ247話のネタバレ

キーマンは馬場と橘!?

前半終了間際…蔵馬のアクシデントで給水タイム。
そこで福田はある作戦をエスペリオン陣営に伝えますが…その作戦に誰よりも驚いたのは馬場です。

「俺と橘を鍵にして乗り切るって…福田監督…そんな!!!」

焦る馬場をムッとした表情で睨む福田は馬場に言います。
3年間、基礎の基礎から教えてあるからフルにそれを駆使すれば馬場ならこの作戦は遂行できると…。

「聞いた通りだお前らー!まず馬場に残りの時間、北野蓮のマンツーマンについてもらう。」

驚きを隠せない冨樫、大友、アシトの横にいる遊馬の何とも言えない顔(笑)

馬場はガノン戦の時にこのチームと自分の事を諦めました。
このメンバーで5レーンは無理だと…。

そんな記憶もみんなには残っていたのかな…?
苦渋の決断…みたいな表情でみんなに何かを言おうとしている馬場ですが、そんな馬場のフォローに3年生の同期たちが入ります。

「お前ら、馬場を信じてやってくれ。」

馬場には今日試合に出れていない3年生たちの意地が乗り移っている。
馬場なら絶対やってくれると笑顔です。

一方の青蘭ベンチは…?

随分長く話しているエスペリオンベンチの様子が気になる模様。

でも…今の蓮に手のつけようがないと思っている青蘭陣はエスペリオンはゴール前にドン引いてくるはずだと予想。
このままだとまずいので一端前半は引く…これは当然の発想です。

蔵馬のアクシデントから数分。

アディショナルタイムは2~3分はある=この押された状況のまま前半残り10分以上…両チームどんな戦いを見せてくれるのでしょうか!?

蓮VS馬場

青蘭は何としても1点欲しい、エスペリオンは最低でも0-0がいい。
この混沌の状況下でまず動くのはまたしても青蘭!

蓮を基点に前半のうちに先制点が欲しいとボールを運びますが…ドン引いてこないエスペリオン陣にも若干驚いています。

ドン引きせずにボールを取りに行くエスペリオンの戦い方に観客も盛り上がっていますが、青蘭陣がやることは1つ…蓮にボールを運ぶ。これは変わらぬ作戦です。

そう…蓮にボールを運びたいのですが…蓮の背後には鬼の形相をした馬場がぴったりマークについています。

馬場のマークを外せと仲間から指示される蓮ですが、馬場にだって3年生としての意地があります。

馬場の気持ち

試合前日…この大会で最後になる3年生はみんなで最後の晩餐(笑)と称し、お好み焼き屋でご飯を食べています。

青蘭に勝てばファイナルでイースト王者ともう1試合
引退試合だと考えると何だか感慨深いものがあります。
※ちなみにこれはユースの話なので、高校サッカーはこの後に選手権があります!

「…頼むぜ馬場。」

試合に出られない小早川&義経…馬場は小早川の代わりです。
もし馬場が失敗をしたら小早川の性格上、責任を感じてしまうので馬場は絶対にやり遂げてやると誓います。

「そもそも俺はバックアッパーで3年間生き残ってきたわけだからな!どんな役割もそこそここなすってなー!!」

ハハハと自虐しつつ笑い飛ばす馬場ですが、今まで馬場=プライドが高いと思っていたメンバーたちはこの発言に驚きます。

実は馬場…エスペリオンに入って幸せだったのは入団初日だけだと引退間近のこの日告白。

喜んで入ったエスペリオンで同期にも後輩にもベンチもスタメンも占められた馬場は途中で辞めてしまった仲間の気持ちが痛い位わかると…。
そして来年のエスペリオンは悔しいけどすごいことになると言います。

「辞める勇気もねぇ俺は、どこの大学に進学できるか…早々に目的を変えてサッカーやるしか道はなかった。」

そして本当はもう少し子供みたいな夢を見ながらサッカーがしたかったと言います。
この言葉は3年生の胸に刺さる…。

馬場と言えば、ガノン戦後の暴言…実はこれもはたから見れば「嫌な奴」状態でしたが、なけなしの誇りを汚されたくなかったからこそ、エスペリオンの格を損なうようなプレーをした選手に声を荒げたのです。

「例え嫌われようとそれが俺の役割でいい。」

そしてもう1つ。馬場が強く秘めていた思い…それは…。

「プロになれる奴が周りにいるのなら、絶対ならせてやらなきゃいけねぇって思ってたぜ。」

ダイヤの周りが大したことない石ころばかりのチームじゃ埋もれて輝かない…そう思えてからは気持ちも楽になってサッカーと向き合えたと…。

馬場の思いについ笑顔になる3年生一同。
そして最後に小早川が言います。

「青森戦頼むぜ、馬場。」

さっきまでの深刻な表情ではない小早川の顔が印象的でした。
試合に出られない3年生の思いは馬場が背負ってピッチに立っているんですね(´;ω;`)ウッ…

蓮VS馬場パート2

馬場の思いがわかったところで試合に戻ります!

蓮に馬場を撒けと指示を出したものの…中々撒くことができない蓮。
意外としつこく絡む馬場にボールをどうしようか悩む青蘭陣。

「いいぞ馬場!ついていけてるぞー!」

エスペリオンベンチからも声援が飛びますが、馬場VS蓮を見ているアシトは何だか心配そうな表情です。

北野連…マンツーマンので残りの時間封じられる選手ではない…普通ではない…これがアシトの見解です。

一方で…その様子を気まずそうな顔で見ている選手が1人…です!

橘も福田に何か指示を出されていると思うのですが…それは次回!!

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ
下に書いたよ~!
スポンサーリンク

アオアシ247話の感想・考察

『アオアシ』最新話のネタバレはいかがだったでしょうか(^^)/!?

馬場…やっぱり嫌われ役を買って出てたんですね。
どこのチームにもきつい事は言うけど、言える人が言ってるってやつはあると思います。阿久津も似た様なとこあるけどさw
引退するまで同期にも黙ってようとした馬場の男気に感動しちゃいました。
馬場はきっと大学→プロになっていくでしょう(^^)/

福田もそういう馬場の事をわかっていたからこそ馬場に「前半、何としてでも蓮を止めろ」って作戦を託したんじゃないのかなぁ…?
自分で自虐してた馬場だけど、どんな役割もそこそここなすって常人じゃなかなかできないと思うんだけど…(;^ω^)?すごいよね?
馬場が背負った3年生の意地を次回も存分に見せつけて欲しい!!

そして橘!
最後に気まずそうな何とも言えない表情でピッチに立っていますが…橘にだって役割はあるはず!
橘が託された役割はきっと次回わかるでしょう!

次回の「アオアシ」もめちゃくちゃ待ち遠しいです♪
蓮もきっとこのまま黙ってはいないでしょうね~!

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊ビッグコミックスピリッツの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊ビッグコミックスピリッツの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊ビッグコミックススピリッツネタバレ一覧はこちら(^^♪←

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、アオアシ247話を含めた週刊ビッグコミックスピリッツ14号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

 

最新刊の情報も確認してみてね~

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください