【あなたには渡さない】の上島旬平役の萩原聖人ってどんな人?出演ドラマもチェック!

ドラマ『あなたには渡さない』でテレビドラマやバラエティ番組をはじめ、舞台や映画、さらには声優として活躍中の上の萩原聖人さんが上島旬平役で出演します!

仕事の幅の広さと定評のある演技力により今もなお一線で活躍をしております!

今回はそんな萩原聖人についてまとめてみました!

スポンサーリンク

萩原聖人ってどんな人?

萩原聖人のプロフィール

・生年月日:1971年8月21日
・出身地:神奈川県茅ヶ崎市
・身長:175cm
・職業:俳優、声優、ナレーター、プロ雀士
・ジャンル:映画、テレビドラマ、アニメーション、吹き替え
・事務所:アルファエージェンシー

萩原聖人の経歴

萩原聖人さんは茅ヶ崎市立梅田中学校を卒業後に上京をしました。東京都立戸山高等学校の定時制に入学をしますが、わずか一週間で中退をしてしまいます。

その後に短期渡米し、ニューヨークで観た映画の観客の様子に感銘を受け、役者という仕事に興味を持つことになるのです!

日本へ帰国後、新宿区で母親が経営するバーを手伝っていたときに、客として来ていたテレビドラマ『あぶない刑事』のキャスティングスタッフたちの目に留まり、1987年『あぶない刑事』の第32話「迷路」の回にて、置き引き少年の役でデビューを果たします!

その後も多くの作品に端役として出演していましたが、1990年のテレビドラマ『はいすくーる落書2』の松岡直次郎役がきっかけで、一気に注目を集めることになりました。

萩原聖人の出演ドラマ

山女日記〜女たちは頂を目指して〜 - 吉田真守 役

萩原聖人さんは竹部 順一郎として登場します!下町にある花の配送「ドリームフラワーサービス」の社長の役ですね。

咲人の父・久人は学生時代の先輩で、自らの過ちで腎臓を患った際、久人に提供してもらった過去を持っております。

後に障がいがある咲人や保護観察処分の柳川らを社員として受け入れ、仕事を通じて社会人として大切なことを教えている。

おふこうさん – 栄幸之助 役

生まれた時から自分とその身辺に不幸な出来事が次々と起こるため、は地元で「不幸の嵐を呼ぶ女」と呼ばれる千倉つぐみが主人公です!

萩原聖人さんは栄 幸之助役として登場し、起業家たちが集まるレンタルオフィス、コワーキングスペース・アニュのオーナーです。

偶然主人公つぐみと出会ったが、車で事故を起こす。つぐみに一目ぼれしてしまうが、車の弁償を口実につぐみを自分の会社で働かせるのです!

雲の階段 - 高岡洋平 役

萩原聖人さんは高岡 洋平役として登場します!職業は薬剤師で明子の幼馴染で明子に恋心を抱いております!

当初は三郎の良き相談相手だったが、彼が明子の気持ちを踏みにじり裏切ったことで、三郎に精神的苦痛を与えるため東京に上京する。

一時島に帰った三郎を追い掛けて、手を使い物にならなくなるようにしようとしたが、その瞬間を明子に目撃され、意図せず助けに入った彼女の腕を刺してしまう。

スポンサーリンク

上島旬平ってどんな役?

萩原聖人さん演じる上島 旬平は料亭の御曹司で板長を務めております!

妻の上島通子は専業主婦として家庭にはいり、2人の子供にも恵まれて平穏な日々を過ごしていました。

しかし上島通子の前にある日突然、夫の愛人と名乗る女・矢萩多衣が現れます。

実は6年前から関係を持っていたと語る多衣は、通子に夫の署名入りの離婚届を突きつけ、夫の母である亡き姑は自分たちの関係を歓迎していたと明かします。

さらに夫の料亭は多額の負債で倒産寸前であることも発覚し、思いもよらない事実を次々と突きつけられるところから物語がスタートするのです。

まとめ

若い日に自分のやりたいことを見つけ、そのために邁進してきた萩原聖人さん!わずかなチャンスでも自分の全力を出して、役者に励んできたことが伝わりますね。

役者だけではなく、その後は舞台や声優にも挑戦できているのが素敵だと思います。そんな萩原聖人さんが隠し事をもっている料亭の板長を務めていただきます!

萩原聖人さんの独特の雰囲気が醸し出す演技に注目です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です