暁のヨナ174話(最新話)!考察や感想も!【すぐそこに】

暁のヨナの最新話174話は2019年4月20日の花とゆめ2019年10・11号に連載されております!

ここでは、暁のヨナの最新話である174話「すぐそこ」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても暁のヨナ 174話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

暁のヨナ174話「すぐそこに」のネタバレ

ハクは空の部隊兵を装っているクエルボを見破りました。

ハク「トゥーリ族が皆撤退する中、独り、空の部隊兵姿で紛れ込むとは」

クエルボ「余程大事な用があるみてえだな、王様」

二人は剣を合わせます。

クエルボ「時間がねえってのに、一番会いたくない野郎に会うとは」

ハク「・・・目的は姫さんか?」

クエルボ「ヨナ姫を・・・トゥーリ族の戦女神にして、高華国と戒帝国を支配する・・・」

クエルボ「喜べ、その夢は潰えた。」

ハク「・・・じゃあ何しに戻った?」

クエルボ「どうでもいいだろ。やるなら早く来い。」

ハク「・・・時間がねえのは、こっちも同じだ。姫さんの居場所を教えろ。」

クエルボ「・・・・・来い。ヨナは俺の部屋だ。」

ハク「・・・・・は?」

クエルボは城に戻ります。

ハク「・・・おい、危害は加えてねえだろうな」

クエルボ「あ?」

クエルボ「格別に艇長に扱ったぜ。一緒に寝たし。」

ハクの大刀がたたきつけられました。

クエルボ「待て!今 俺を殺ると、ヨナ姫の居場所はわからねえぜ。」

クエルボ「・・・別に」何もしてねえよ。寝床を半分貸してやっただけだ。」

ゴビを探せ

ハク「トゥーリ族は、そういう文化なのかよ・・」

クエルボ「迂闊な事言うと、首が飛ぶな」

城の中で、兵士の死体を発見します。

クエルボ「おい、何があった!?」

ハク「死んでる・・・」

ハク「姫さんは一人で部屋にいるのか!?」

クエルボ「・・・いや、この世で一番信頼する女に任せている・・・」

そう言ったクエルボを矢が襲ってきます。

ハクが一振りで叩き落しますが、その矢を放ったのは真国の覆面達でした。

ハク「見覚えある奴らだ、真国で。」

クエルボ「真国・・・」

クエルボ「ゴビ・・・!あいつも裏切りやがったな・・・。」

ハク「来るぞ。やれるか?」

クエルボ「誰にものを言っている」

覆面達に向かって

クエルボ「ぶち殺す」と言い、二人で構えました。

立ちすくんでいる場合じゃない、たとえ独りでも、ヨナ姫を守る!と短刀を手にしています。

誰かが来る

ゴビ神官の手下…?

高華国の兵士?

クエルボ様、私に力を・・!!と言って立ち向かおうとします。

敵意を感じて大刀を振ろうとするハクの前にクエルボが!

クエルボ「ユーラン・・!」

ユーラン「クエルボ様!?」

クエルボ「何があった?」

ユーラン「戻って…来られた・・」

    「申し訳ありません。ヨナ姫がゴビ神官に連れ去られて・・・っ。」

ハク「どっちへ行った!!」

ユーラン「あちらの方へ」

ユーランの言葉が終わらないうちに、ハクは駆け出しました。

ユーラン「あのお方は…?」

ユーランはクエルボに抱きしめられていました。

クエルボは「迎えに来た」と言うと

ユーランの目から涙がこぼれ落ちました。

クエルボ「トゥーリ族は負けた。この城から撤退する」

ユーラン「ヨナ姫はどうなさるんです?」

クエルボ「あの男が行った。死ぬのはゴビの方だろ」

ヨナを助けるため

ヴォルド  「アホギラ、おいっどこまで行く気だ。」

アルギラ「なんか こっちが臭うんだよな」

ヴォルド  「臭う?」 

アルギラ  「嫌いな奴の臭い」

ヴォルド  「我慢しろ!確かに数日風呂には入ってないが。」

アルギラ  「ゴビだよ。あいつ多分近くにいる」

アルギラ「ヨにゃん!!」

ヨナ「アルギラ!!」

ゴビ「アルギラだと!?」

アルギラ「ゴビ!!」

ゴビ「コウレンめ・・・こんな所まで、急げ」

ヴォレド「ゴビ神官観念なさい」

ヨナ「アルギラ!ヴォルド!」

ゴビ「あいつらにだけは捕まるわけにはいかん」

ローヴで燭台を倒してしまい火が燃え移ります。

アルギラ「ヨにゃん、助けに来たよ!四龍にゃんも、ユンにゃんも自由になったよ! 」

ヨナ「本当!?」

アルギラ「そう!今皆で助けに来てるから。ハクにゃんもいるから!」

    「すぐそこに!だから 一緒に帰ろ!」

ヨナは嬉しそうにうなずきました。

覆面兵の放った刀を受けてしまいます。

アルギラ「ヴォルタコ!!」 

ヴォルド「ヨナ姫…お逃げ下さ・・」

と言って落ちていきました。

ヨナは、足枷をつけられた足が痛み動くことができません。

炎がすぐ近くまで来ています。

ゴビは恐ろしい顔で「四龍をお呼びなさい」

ゴビ「四龍がすぐそこまできているんでしょう。ヨナ様は立ち上がれないご様子。」

  「ほら 早く助けを呼ばなくては」

  「あの時みたいに龍になって助けに来てと、言わなくては、あなた丸コゲになってしまいますよ」

  「さあ早く 早く!!早く!!」

ヨナは「呼ばない」と言いました。

   「四龍はそんな風に飛んでこられないし、それが出来ても呼ばない」

ゴビ「何故!」

ヨナ「あなたには・・言ってもわからない・・・」

ハクに逢いたい

ヨナは、目がまわり、手が痺れて意識が遠くなります。

そんな時、アルギラの言葉を思い出していました。

ヨナ「すぐそこにいるの?ハク、何も見えないの 息ができないの」

  「足の痛みなんかどうでもいいから 逢いたい せめて声が出るうちに どうして言えなかったの」

ハク「姫さん あんたが幸せになってくれたなら 俺はそれで十分幸せですよ。」

ヨナ「ハク 私ね ハクに好きって言ってもらえて とても とても」
  
ハクに助け出されたヨナは、ハクの腕の中で、意識はありませんが、好きと言ったのでした。
 

暁のヨナ174話までを無料で読む

ということで、暁のヨナ174話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、暁のヨナ174話を含めた花とゆめ2019年10・11号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

暁のヨナ174話の感想・考察

空の部隊兵を装ってまでお城にいたクエルボ、目的は何だったのでしょう。

ヨナではなく、一番信頼しているユーランに逢いたかったのでしょうね。

ユーランは本当に素敵な人だと思います。

そして勇敢な人でもありました。

アルギラとヴォルドがようやくヨナをみつけて、みんなの無事を知らせることができました。

もちろんハクの無事も。

どんなに自分が負傷しても今までずっとヨナのために戦ってきたハク。

ようやく自分の腕の中に・・。

ヨナの告白?をどう受け止めるのでしょうか?

暁のヨナ174話についてのまとめ!

暁のヨナ174話ネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、暁のヨナ174話を含めた花とゆめ2019年10・11号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です