赤髪の白雪姫ネタバレ107話/21巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

赤髪の白雪姫の最新話107話は2019年4月24日のLaLa2019年6月号に連載されております!

ここでは、赤髪の白雪姫の最新話である107話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても赤髪の白雪姫107話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫107話までのあらすじ

フォスティリアスを広める旅に出る白雪とオビに”一緒に行きたい”と意を決して伝えたリュウ。

リュウの言葉を聞いた白雪も”一緒に行きたい”と言い、リュウを驚かせます!

リュウは薬室長へ白雪たちの旅に同行したいと手紙を書きます。

その手紙を読んだ薬室長は嬉しそうな表情を浮かべ…

リリアスにいるリュウの元へ薬室長からの手紙が届きます。

その手紙は、白雪たちの旅への同行を許可するもの。

そして2ヶ月後…白雪とオビ、そしてリュウの3人旅が始まるのです!

赤髪の白雪姫107話のネタバレ

白雪たちの元へフォスティリアスの申請の結果が知らされます。

”光の花 フォスティリアス”は……無事に新種と承認!

承認されたことを白雪たちは喜びます。

一つ目の関門を突破です!

次なる目標

王都ウィスタルから続いている街道のうち、リリアス関を通る道とオリオルド関を通る道にフォスティリアスを植えることが次の目標です。

そして最終的にはウィラント地方の主要な道に点在させること。

まずは手始めに、リリアス関とオリオルド関から交渉することにした白雪たち。

そしてここで問題が1つ。

フォスティリアスを各地に植えた時の管理はどうするのか…

実は白雪も管理問題について考えていました。

定期観察人員の条件として、”ウィラントの街道を定期的に移動できること”や”出来るだけ植物に詳しい人”、”信頼ができる人”というものが挙げられました。

まずはリリアスから

マキリ「次の冬からフォスティリアスをリリアスを通る街道に植えたいという要望だったな」

白雪はこんなに早くリリアスを仕切るマキリに直接会うことになるとは思っておらず、緊張した面持ちでマキリの前に立ちます。

マキリはフォスティリアスの栽培場へ派遣した者の話や、持ち帰った二輪のフォスティリアスを見たことから基地にも植えたいほどだと好印象。

ただ”珍しく美しいもの”には人が興味を持ち、集まることが予想されること。

そしてリリアス関とオリオルド関の人の流れが、片方に傾くことは混乱を招く可能性があること。

現にリリアス封鎖時にオリオルドは相当苦労したと聞いていたため、オリオルドの許可も得て同時進行する方がいいのではないか提案されます。

マキリはまずリリアスの許可を出すと白雪たち一行に伝えます。

今後の課題

マキリ「私は学問街を管理している立場から、精査され新種と認められたことでこの植物は無害であるという信憑は足りていると考えている。そして君達が信用できることもすでに知っているが…他の場所ではそうはいかんかもしれん。見知らぬ相手が見知らぬものを持ち込もうというのは、当然警戒するからな。なかなかに不利であろう」

リリアスでは快諾してもらえたが、オリオルドや他の場所ではそう簡単にいかないかもしれない。

それをどう説得し、許可をもらうのかが今後の白雪たちの今後の課題となりそうです。

マキリは”フォスティリアス普及の力添えになれば”と、リリアスからの許可証を発行してくれました。

マキリからの知らせ

フォスティリアスの件の話が終わったマキリたち。

マキリは「陛下の結婚式の日取りが決まったそうだ」と切り出しました。

その言葉を聞いて驚いた3人は顔を見合わせ…そして表情は明るくなり祝福の言葉を口にします!

白雪たちにはウィラントでのフォスティリアス普及とは別にもう1つの目標ができました!

そのもう1つの目標とは”ウィラント城にいるゼンの味方でいるために、ウィラントの人々のことを知る”ということ。

オビ「お嬢さんにはお嬢さんの味方が必要なんだろう」

”ウィラントの銀世界に鮮やかな光の花を咲かせること”、そして”ウィラントの柱である人達と出会い繋がっていくこと”を目標に白雪たち3人は次なる目的地に向けて出発します!

次々号(8月号)に続く…!

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫107話までを無料で読む

ということで、赤髪の白雪姫107話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、赤髪の白雪姫107話を含めたLaLa2019年6月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

赤髪の白雪姫107話までの感想・考察

ついにフォスティリアスが新種として承認されました!

そして白雪たち一行の最初の目的地であるリリアス関。

リリアス関と仕切るマキリからはフォスティリアスを植えることを快諾してもらえましたね!

リリアス関から派遣された者が、栽培場でのことを報告していてくれたからですね。

そして派遣された者が持ち帰った、二輪のフォスティリアスを実際に見ているマキリは基地にも植えたいくらいだと絶賛^^

白雪たちの努力の賜物ですね!

リリアスでは快諾してもらえたものの、他の場所では不利ではないか?とマキリに言われた白雪たち。

マキリがリリアスは許可したことを記した書簡を発行してくれましたが、この書簡が白雪たちに力添えしてくれるといいですよね〜!

そしてマキリからは”陛下の結婚式の日取りが決まった”と聞かされた白雪たち。

これからの白雪、オビ、リュウの旅はどのように進んでいくのか気になりますね!

きっと何か困難に当たっても、この3人なら乗り越えて行ってくれるのではないでしょうか⁈

続きが気になりますが、次号である7月号は休載…

次々号である8月号が待ち遠しいですね!

赤髪の白雪姫107話についてのまとめ!

赤髪の白雪姫107話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、赤髪の白雪姫107話を含めたLaLa2019年6月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です