魔王城でおやすみネタバレ148話(最新話)!考察や感想も!【2%って1/50だよ?】

魔王城でおやすみの最新話148話は2019年5月15日の週刊少年サンデー2019年24号に連載されております!

ここでは、魔王城でおやすみの最新話である148話「2%って1/50だよ?」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても魔王城でおやすみ 148話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

魔王城でおやすみ148話までのあらすじ

魔王にさらわれた人質の姫が安眠を求めて好き勝手するお話。

魔王城での共同生活を経て、魔物たちとも仲良しのご様子。

魔王城でおやすみ148話「2%って1/50だよ?」のネタバレ

臨時朝礼

魔物A「明日ボーナスか〜」

魔物B「ボーナスなんに使う?俺フンパツするつもりでさ〜!」

臨時朝礼の直前に、魔物たちはボーナスの使い道で話に花を咲かせている

そんな魔物たちにそれは突然言い渡された。

タソガレ「諸君・・・・」

    「・・・新メンバーが増えて以降勇者たちが急速な進撃を続けている・・・」
    
    「それで・・・何としても高精度の新兵器を作り足止めをせねばならん。
    
    「そこで・・・今回は近頃の財政難もあり・・・・あの・・・・」

結論を言い渋るタソガレ

タソガレ「ボーナスは・・・・・98%カットとする・・・・!!」

その一言に絶望する魔物たち

タソガレ「我々としても苦渋の決断だ・・・」

タソガレのその一言に天国だった魔王城も一瞬にして地獄と化した

※そもそも魔界である

魔物「もう働かない・・・ストライキだ・・ストライキする!

姫の策略

それは見ていた姫は思った。

スヤリス姫「かわいそう・・・雇われの民達って・・・一人で生きていく力が全然ないんだ・・・」

王族の悪いところがでている。

スヤリス姫「ふむ・・・しかもストか。どうりでご飯も届かない ・・・」
 
     「このままでは私の住環境までダメになる・・・」

     「皆が私みたいにいろんな稼ぎ方を知ってればいいのに・・」

     「仕方ない・・・ひと肌抜くか!

秘策その1

トナカイ生物に声をかけるスヤリス姫

スヤリス姫「トナカイくんっ元気出してよ。

ボーナスが出ないと落ち込んでいるトナカイに話しかける姫

そんなトナカイにあるものを見せる。

その手にはハイポーションが握られていた。

スヤリス姫「ほらこれ。この素材をポーションと調合するとハイポーションになるの。」

     「案外簡単でしょ。ボーナスの文作って売ろうよ!」

姫の提案にのるトナカイの魔物

だが、トナカイの魔物はある疑問に気づく。

トナカイの魔物「なぁ姫・・・その材料ってのはどうしたんだ??」

スヤリス姫「私のだよ♪」

※すべて盗品である

トナカイもそのことに気づいているが、普段変だとわかることも 疲れてると気づけないのだ。

調子を良くした姫は次の魔物を救う決意をする。

秘策その2

またしてもボーナスがなくなり悲しみながら廊下を歩く魔物3人組

そんな三人の前に魔王の部屋から出てきた姫が姿を現す

姫は悲しい顔をする3人を見てつぶやく

スヤリス姫「 元気出して。」

そんな事情も知らない姫の言葉を聞いて魔物たちが反論する

魔物「何を言ってるんだ!!ボーナス98%カットだぞ・・・さすがの我々でも元気が出ない!」

スヤリス姫「大丈夫。これ見て・

姫の手には巨大な角が握られている。

スヤリス姫「ほらこれ。高価な金属でできてるの。」

     「一人じゃ大変だけど3人で叩き延ばしたら売れるよ。」

     「ボーナスの分なんてこれでチャラ!」

そう言いながら魔物3人組に巨大な角を渡す姫

魔物3人組はその巨大な角をどこかでみた記憶があったが

心が疲れていると 普段ならわかることも気付けないのだ

※巨大な角の正体は魔王のベッドヘッドである。

こんな調子で城中の魔物に副業を勧めていく姫

大盛況?!

タソガレ「ボーナスカットがあったのに・・・みんな活気に溢れている!!」

魔物「よかった・・・魔王様の求心力のおかげですよ!!」

タソガレ「やはり・・・お前たちと作り上げた魔王城という職場が、」

    「金以上の価値を生み出しているのかもしれないな・・・」

そんな魔王城の様子を見て自分のしたことを思い出し満足して眠りにつく姫

その後、活気は続き、魔物たちは新しい副業にもなる魔王城の経済は必要なく

再び回りだした・・・・

・・・ワケがなかった。

右肩下がりの資料を見て魔王がつぶやく

タソガレ「まずい・・・ボーナスを減らしたのに赤字だと!?」

神官「最近城内の素材やら何やらが恐ろしい勢いで減ってますからね・・・」

  「空前の副業ブームとかで・・・。

タソガレ「なんで城内の素材で内職するんだ!!」

神官「姫が渡しております。」

  「とはいえボーナスカットは勇者パーティー甘く見ていた我々の責任ですし・・」

そんな会話の中あることを決意する魔王

タソガレ「仕方ない・・・」

    「みんな停めたが、やはり売るしかない。

    「我輩の・・・ツノを!!」

魔王城でおやすみ148話までを無料で読む

ということで、魔王城でおやすみ148話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、魔王城でおやすみ148話を含めた週刊少年サンデー2019年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

魔王城でおやすみ148話の感想・考察

ボーナスの時期に活気づく魔王城

そんな魔王城に非常なる通告をしなければならない魔王様

非常に言いづらいのが伝わってきてました。(笑

ボーナスカットに落ち込む城内を王族の使命感?で

あの手この手で活気づける姫様!!いいのか悪いのかはおいておいて

魔物たちは特によく考えずに喜んでいてちょっと和んでしまいました。・゚・(ノ∀`)

散々かき回して満足して寝てしまった姫を尻目に何故か大赤字の城内!

ついに魔王様のツノを売らなければならない、と言い放った魔王様の顔が

本当に切羽詰まっているように見えました(笑

(※というか魔王様のツノいくらなんでしょ)

次号も自由奔放な姫の姿を見られるのでしょうか!

次号も楽しみですね!

魔王城でおやすみ148話についてのまとめ!

魔王城でおやすみ148話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、魔王城でおやすみ148話を含めた週刊少年サンデー2019年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA