昭和ファンファーレネタバレ34話/6巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

昭和ファンファーレの最新話34話は2019年5月29日のBE LOVE2019年7月号に連載されております!

ここでは、昭和ファンファーレの最新話である34話「約束と誓い」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても昭和ファンファーレ34話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

昭和ファンファーレ34話「約束と誓い」のネタバレ

天良を交えた新生活のはじまり

小夜子の家に、居候し始めた天良。
かつては天良に想いがあった月子だったが、すでに自分の道をしっかり歩んでいる。
彼が一緒に住んだところで、何も問題はないという。

むしろ、今はもう、互いの幸せを願えるほどに月子は成長していた

仕事への想い

天良の顔の傷はかなり目立つものだった。
傷の理由は語らないが、戦地では辛いことがあったのだろうことは容易に想像できた。

傷のせいなのか、精神的なものか、舞台復帰は諦めている様子だった。

小夜子もまた歌を諦めたままだった。

今は 生きるのが 精いっぱい

そんな小夜子に、天良は言う。

「あんたはいつも生きる力に満ちてるなあ救われる」

郷里の家族との再会~消えるわだかまり~

田舎にある小夜子の郷里では、父が激怒するほど彼女の帰りを待ち望んでいた。
皆の心配を一身に感じ、小夜子は家族のありがたみを受け入れる。

以前の小夜子とは変わっていた。

子供を持ったからだろうか、と小夜子は想う。

浅海からの手紙

生家からの荷物を抱え、家に戻ると天良が近所の子供を相手に、楽しそうに、一人芝居を演じていた。

顔の傷があってもやれることがあるはずと、励ます小夜子。

一方天良もまた、小夜子に歌への復帰を促す。
夫を殺したアメリカ兵の前で歌いたくない気持ちは分かる。
むしろ、かつて歌で不良たちを屈服させたように、またそうすればいいのだと。

「空腹も怒りも忘れる楽しいのをさ」

「待ってるぜ 俺も みんなも」

そんな励ましも、今の彼女にはまだ重く、歌う事は出来ない。

そんなある日、静代が訪ねてきた。
夫と同じ部隊に居たという帰還兵と共に。

彼は夫からの手紙を携えていた。

そこには、浅見の想いがあふれていた。
昔、小夜子に約束した、たくさんの楽曲がつづられていたのだ。

すべて彼女が歌うため書かれたものだ。

そして、再起

「お前が歌うんだ」

浅海は約束を誓いを忘れていなかった。

銃弾の飛び交う戦場に居ても、小夜子を忘れず、歌を忘れず、この手紙を楽曲をつづったのだ。

大粒の涙がこぼれ、小夜子は浅海を失ってから初めて力いっぱい泣くことが出来た。
ずっと堪えていたものが堰を切ったかのように……。

放心したまま外に出ると、世界が少し違って見えた。

彼女には聞こえたいた。
かつて浅海が彼女にいった言葉。

「みんな待ってる」

彼女は想うともなく、歌いだした。
がれきの広がる焼野原に、声が朗々と響き渡る。

人々は惹きつけられる。

「悲しい時にも 悔しい時にも うれしい時にも」

「明日を築く歌を」

みなにその声が届いたのだ。

そして、小夜子は歌の世界へ復帰した。

満員の舞台。

皆が彼女を待ち望んでいたのだ。

彼女を、明日を築く歌を。

忙しい仕事の合間を抜けて、小夜子の舞台を月子も見に来ていた。
次の仕事へと車で移動を急ぐ中、手にした雑誌では、天良や静代のそれぞれの成功譚ともいえる現状が記されている

舞台はアンコールがかかる。
浅海との娘に、彼女は舞台のすばらしさを示す。

「これは明日の歌 愛の歌 この曲を作ったのはね」

「あなたのお父さん」

頬を染め、母の言葉に聞き入る娘は、そんな母と亡くなった父を誇りに思っているようだった。

娘は、小夜子によく似ていた。
かつて家族に傷ついていた小夜子が、今まさに幸せを手にしたかのような錯覚を起こさせるほどに……。

スポンサーリンク

昭和ファンファーレ34話までを無料で読む

ということで、昭和ファンファーレ34話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、昭和ファンファーレ34話を含めたBE LOVE2019年7月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

昭和ファンファーレ34話の感想・考察

焼け野原になった東京の街で、それぞれが再起のために動き出した最終回。頑なに、生きることをどこか拒んでいた小夜子。

彼女の心が、亡くなった浅海の遺してくれたものでやっと溶けて、自分の悲しみや彼の喪失を本気で受け入れて大泣きするシーンはもらい泣きしそうでした。
一時は子供が居なければ、もしかすると生きていることも捨てていたかもしれない精神状態でした。
が、こんな女性がこの時代は多かったのかもしれませんね…。

彼女はじめ、みんながそれぞれの望む形で再起を果たせたのも示唆されていました。

決して楽ではない中を、それぞれが命がけで生きていた、昭和初期。

今では昔話になりましたが、時々思い出すためにこんな話はまた読みたいです。

昭和ファンファーレ34話についてのまとめ!

昭和ファンファーレ34話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、昭和ファンファーレ34話を含めたBE LOVE2019年7月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です